この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

サイトご利用のご注意

公式ページです。

お知らせには緊急時のみ掲載します。
通常の連絡事項、報告、記事等は
各メニューから閲覧してください。

このサイトにおける著作権・肖像権は
北海道札幌西高等学校にあります。

無断で内容を複写することや無断転載、

営業目的の利用を堅く禁じます。

本校のウェブページ運用指針
HPunyousisin.pdf

掲載内容は現況と異なることが
あります。
 

renewal 2016/03/22~

COUNTER594435

ログイン

平成27年度のSSH事業概況

↑SSHトップへ(概要)


  
      SS情報 三角山巡検            全国SSH発表会              SSキャンプ物理

   
        SSキャンプ生物                SSキャンプ地学               地域医療体験

 
        西高実験教室           女子生徒による科学研究発表交流会

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 

SSH27年度 SS情報科学 三角山巡検

SS情報科学では、化学基礎、生物基礎、社会と情報など他の一般科目と連携しながら、科学的視野の育成、表現力の向上そして探究する力を養います。


   

○三角山巡検

4月30日(木)〜5月12日(火)の日程で、1年生全員を対象に三角山巡検を行いました。三角山は西高校の近くにあり、以前は採石場として利用されていました。保安林育成の観点から約40年前に採石は中止されましたが、削られた山肌から地層を観察することができます。また、散策ルートに沿って植物が繁茂していることから、これらを題材に地学、生物学の他、情報探索能力やプレゼンテーション技術を教科横断的に学習します。


レポートその1(01.pdf)         レポートその2(02.pdf)





 

SSH27年度 全国SSH発表会

平成27年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

   

8月4日(火)から8月6日(木)の日程で、大阪市にあるインテックス大阪にて、日頃の研究成果を発表してきました。全国200のSSH校の他、海外招聘校や大学のブースなどもあり、たくさんのことを学んで帰ってきました。

今年度は2年生1名、1年生3名で参加しました。2年生は主にポスター発表、1年生はビラ配りやアピールタイムでのプレゼンテーションを行いました。夜はホテルにて興味を持った他の学校の発表について、4人のそれぞれが3件ずつプレゼンテーションをしました。


△ページTOPへ戻る

 

SSH27年度 札西SSキャンプ 最先端科学 物理

札西SSキャンプ 最先端科学 物理  


事前学習(7月23日、24日 北海道大学)





SSキャンプ1日目(8月3日 大阪大学)

   

8月3日、空港から大阪大学へ向けて旅立ちました。阪大核物理センターで講義を受けた後、施設見学を行いました。人類の叡知の結晶がそこにはありました。




SSキャンプ2日目(8月4日 東大宇宙線研究所:スーパーカミオカンデ)




SSキャンプ3日目(8月5日 JPARK:大強度陽子加速器施設、東京大学)





SSキャンプ4日目(8月6日 JAXA、東京大学先端科学技術研究センター)

日が変わって最終日8月6日、JAXA宇宙科学研究所相模原キャンパスを訪問し、午後からは東京大学先端科学技術研究センターを訪問しました。


副所長の神崎先生による最先端科学の講義をうけ、研究室内を案内していただきました。

   

 

   

この3泊4日の研修で、日本を代表する最先端の科学に触れ、学ぶことができました。大変貴重なお時間を割いてくださった研究者の皆様の期待に応えられるよう、参加した生徒たちは学問を深めていくことと思います。


 

SSH27年度 最先端科学 生物

札西SSキャンプ 最先端科学 生物

   

8月5日(水)から8月7日(金)の日程で、札西SSキャンプに出かけてきました。1日目は日本科学未来館でiPS細胞や幹細胞などについて見学し、知識を深めました。二日目からは早稲田大学先端生命科学センターにて、自分の遺伝子を解析したり共焦点レーザー蛍光顕微鏡で血球を観察するなど朝から晩まで実験漬けの二日間を過ごしてきました。最先端の研究設備の見学や高校ではできないような実験実習を経て、生物学に対する興味関心が高まりました。




 

SSH27年度 札西SSH地学巡検

札西SSH地学巡検

   

8月4日(火)〜8月5日(水)の日程で、SSH地質巡検を行いました。




 

SSH27年度 地域医療体験

SSH27年度 地域医療体験


8月5日(水)〜7日(金)の日程で、地域医療体験を行いました。本事業では、北海道における地域医療の現状について体験を通して理解を深め、医学部進学に向けた意欲向上を図ることを目的としています。実施にあたっては札幌医科大学医療人育成センター及び旭川医科大学教育推進センターの協力をいただきました。


事前学習(7月23日(木) 札幌西高校にて)


札幌医科大学山本先生をお迎えし、「北海道の地域医療の実情と日本の医療システム」というテーマで講義をしていただきました。グループ討議を行ったあと内容を黒板に書き出し、全体討論を行いました。この事前学習には医学部医学科志望の一般生徒も参加しました。


   

事前学習(7月24日(金) 旭川医科大学教育推進センターにて)


旭川医科大学教育センターおよび臨床シミュレーションセンターにて研修をさせていただきました。人形を使った救急救命措置やタンパク質の電気泳動実験などを行わせていただきました。


   

事前学習(7月25日(土) 札幌西高校にて)


札幌医科大学赤坂先生と学生さんをお迎えし、「札幌医科大学地域医療教育について」というテーマで事前学習を行いました。赤坂先生による講義のほか学生さんのプレゼンテーションもあり、充実した内容となりました。この事前学習には医学部医学科志望の一般生徒も参加しました。

   


地域医療体験(一日目 8月6日(木))


地域医療の現状を知るために留萌市を訪れました。まずは、地域の状況や取り組みを知るという目的で、「留萌健康の駅」や「田中青果」で訪問研修を行いました。その後、札幌医科大学主催のメディカル・カフェへ参加させていただき、齋藤先生による講義を受け、札幌医科大学の学生さんとともに地域住民の皆さんとの交流を行いました。


   

地域医療体験(二日目 8月7日(金))


二日目は、地域の高齢者に関する福祉サービスを知るために、「ケアセンター る・もえ~る」にて訪問研修を行いました。研修ではデイサービスのプログラムに参加し、積極的に利用者さんとコミュニケーションをとることができました。また、メディカル・カフェに参加し、これまで学んだことをまとめ、発表を行って研修を終了しました。

 

SSH27年度 西高実験室

西高実験教室

9月19日(土)、26日(土)の両日、近隣小学校の5,6年生を対象に、実験教室を行いました。地域の小学生に科学の魅力を伝えることはもちろん、高校生達の表現力やコミュニケーション力をつけることも目的です。


一日目(9月19日(土))のようす



二日目(9月26日(土))のようす


6年生は電池の仕組みについてです。顕微鏡をのぞいていますが化学の実験です。乾電池の中身をみたり、備長炭電池を作ったりしました。アンケートでは、ほとんど全ての小学生がとても面白かったと答えてくれました。高校生も普段接することのない小学生と直に触れ合うことを通じて、聞き手の理解にあわせて話をすることの難しさについて学んだようです。


 

SSH27年度 女子生徒による科学研究発表交流会

女子生徒による科学研究発表交流会


   

10月31日(土)、今年度は慶応大学三田キャンパスを会場として行われた第7回女子生徒による科学研究発表交流会に参加してきました。これはいわゆる「リケジョ」の発表・交流の場であり、女性研究者や研究仲間との交流を通じて、意識向上やプレゼンテーション能力の育成を図るイベントです。



 

サイト内検索 (頁本文・日誌)

外部リンク

旧サイトはこちら